クリスタルコンクリート協会 株式会社日興

協会からの新着情報

クリスタルコンクリート協会との関連リンク

株式会社日興

株式会社日興

クリスタルコンクリート協会中四国支部

CCA・TCA施工管理士登録者名簿

株式会社日興

トップページ » 工法・技術 » NK さび安定化防止防錆工法

NK さび安定化防錆工法 さび安定化防錆工法

【国土交通省「NETIS」登録技術 No.SK-100009-A】

「NKさび安定化防錆工法」は水性さび安定化処理剤「NK-100」と有機無機複合型コーティング剤「シールコート007R」を鋼構造物へ塗布することで安定化した塗膜を鋼材表面に形成し、鋼材を錆びから長期的に守る画期的な防錆工法です。 3種ケレン程度の簡単な素地調整の為、ケレン費用の削減、工期短縮が計れると同時に上塗り剤で使用する「シールコート007R」の耐候性能力によりライフサイクルコストの低減が図れます。

 

 

特徴

  • 下塗り:NK-100
  1. さび安定化
    処理剤中の特殊キレート樹脂成分がさびと反応結合し、さびを不活性化(安定化)し、強靱な塗膜を形成します。 
  2. バリヤー性
    バリヤー性の高い塩化ビニデリン樹脂を主ビヒクルとして使用する為、炭酸ガス等の腐食劣化因子の侵入遮断性に優れる 。
  3. 安全性
    水溶性であり、人体及び火気に対して安全です。 
  4. 施工性
    下地処理が軽減でき、取扱いし易い1液性です。 
  • 上塗り:シールコート 007R
  1. 耐候性
    無機系塗料の特徴である美観保持力の高い被膜を形成します。
  2. 耐汚染性
    汚れが付着し難く、付着しても除去が容易な被膜を形成します。
  3. 経済性
    高耐久被膜はメンテナンスコストを軽減することを可能とします。 

用途

鋼構造物全般。特にブラストの打てない狭隘部。

画像

試験データ

1. 塩水噴霧試験

JIS K 5600-7-1に準拠しNKさび安定化防錆工法の塩水噴霧性について確認しました。(試験機関:自社試験)

試験機器 ソルトスプレーテスターS-800(東洋精機社製)
試験時間 2000時間
試験結果

塗膜にふくれ、はがれ、割れを認めない。
錆幅1mm以内。

試験状況

試験状況

試験前状況試験後状況

試験前状況     試験後状況

2. 促進耐候性試験

JIS K 5600-7-7に準拠しNKさび安定化防錆工法の耐候性について確認しました。 (試験機関:自社試験)

試験機器 アトラスウェザーメーターCi4000(アトラス社製)
試験時間 1000時間
試験結果

塗膜にふくれ、はがれ、割れを認めない。
著しい光沢低下を認めない。

試験状況試験後状況

試験状況                    試験後状況

3. 屋外曝露試験

JIS K 5600-7-6に準拠しNKさび安定化防錆工法の屋外曝露耐候性について確認しま した。(試験機関:自社試験)

試験場所 埼玉県東部
試験期間 2年間
試験結果

塗膜にふくれ、はがれ、割れを認めない。
錆幅1mm以内。

2ヶ月1年2年

曝露試験2ヶ月状況   曝露試験1年状況    曝露試験2年状況